頚椎捻挫(むちうち)

交通事故による頸椎捻挫で弁護士に依頼し、後遺障害14級、最終支払額約392万円を獲得した事例

主な損害項目 認められた額
治療費 737,101円
文書料 8,000円
交通費 5,292円
休業損害 1,019,540円
逸失利益 958,806円
入通院慰謝料 837,000円
後遺障害慰謝料 1,100,000円
既払い除く支払額(自賠責含む) 3,921,182円

被害者

事故時50代男性

事故・怪我の状況

被害者は乗用車で交差点で信号待ちしていたところ、後ろから乗用車に追突され8メートルほど前まで押し出されました。
被害者は頸椎捻挫及び悪嘔の傷害を負いました。

相手方保険会社から6カ月の通院の後に治療費を打ち切られましたが、自費でさらに4カ月通院しました。
被害者は頭部痛、頭痛、めまい、ふらつき、耳鳴り、両上肢のしびれなどの自覚症状が残り、後遺障害を申請しました。

当事務所では症状固定後も自費で通院していたこと、MRI画像から椎間板ヘルニアがあることなどを立証し、被害者請求において14級を獲得しました。

弁護士が紛争処理センターの申立を行い粘り強く交渉し、早期に休業損害・慰謝料・逸失利益のアップが認められました。

結果

被害者が受け取った賠償額…3,921,182円

関連記事

最近の記事

  1. 症状固定前からのサポートで腰椎圧迫骨折による錐体高の減少を立証し11級7号が認定。訴訟にて家事労働への影響を立証し、 約1350万円の賠償額を獲得した事例

  2. 腰部打撲挫傷、腰部神経根障害、頸部捻挫、頸椎部神経障害、胸郭出口症候群、背部打撲挫傷、右肩腱板損傷、右肩甲上神経障害、胸椎部椎間板ヘルニアで14級を獲得し、賠償額約285万円を獲得した事例

  3. 症状固定前に受任し、胸椎錐体骨骨折、顔面醜状痕、眼窩底骨折による下方視での複視、眼窩底骨折について丁寧に立証し、併合10級が認定され、976万円の賠償額を獲得した事例