関節機能障害

主婦が交通事故で左足関節機能障害を負い後遺障害10級。当初提示額0円から最終支払額約1210万円にアップした事例

主な損害項目 相手方提示額 認められた額
治療費 5,708,585円 6,356,645円
雑費 114,400円 165,000円
交通費 0円 8,650円
義肢・松葉杖等の費用 7,950円 7,950円
休業損害 940,500円 2,977,642円
逸失利益 0円 10,773,558円
入通院慰謝料 1,224,800円 2,506,000円
後遺障害慰謝料 0円 5,500,000円
既払い除く支払額(過失相殺後) 0円 12,100,000円

被害者

事故時50代女性

事故・怪我の状況

被害者が原動機付自転車で走行していたところ、同じ車線を走行していた自動車が左折をし、被害者に衝突しました。
被害者は、左頸骨腓骨遠位端骨折という怪我を負いました。
結局、左足関節機能障害について後遺障害が残ってしまいました。

当事務所が代理して自賠責に対し後遺障害等級の請求を行いました

被害者の方は、当事務所相談時、相手方保険会社から、後遺障害がない前提で最終和解金額0円の提示を受けている状態でした。

しかし、被害者の方がひどい痛みを訴えておられたため、当事務所において受任し、放射線診断専門医の画像鑑定を行った結果、骨折箇所が不完全癒合であることが判明しました。
そして、当事務所において鑑定書などを付け自賠責後遺障害等級の請求を行ったところ、後遺障害等級10級が認められました。

結果

・被害者が相手から支払いを受けた金額
・最終段階で支払を受けた金額…12,100,000円
・相手方保険会社・自賠責から受けた額…12,054,815円
合計24,154,815円の支払いを受けることができました。

関連記事

最近の記事

  1. 症状固定前に受任し、胸椎錐体骨骨折、顔面醜状痕、眼窩底骨折による下方視での複視、眼窩底骨折について丁寧に立証し、併合10級が認定され、976万円の賠償額を獲得した事例

  2. 症状固定前に受任し、脊椎の骨折について丁寧に立証し、6級5号が認定され、1365万円の賠償額を獲得した事例

  3. 受傷直後から受任し後遺障害の申請を行い、「頸部捻挫、右側頭部打撲」「腰部捻挫及び背部捻挫」「右第1趾末節骨基部骨折」にそれぞれ14級の後遺症が認められた事案