骨折

交通事故による左橈骨遠位端骨折・鎖骨骨折で後遺障害14級、584万円の賠償と自賠責から224万円を得た事例

事故・怪我の状況

被害者が自転車で走行していたところ、路肩に停車していた自動車のドアが開き、被害者に当たって被害者が転倒したという事故でした。

被害者は左橈骨遠位端骨折・鎖骨を骨折し、2年間通院しましたが、残念ながら右鎖骨の疼痛、右肩の痛みという自覚症状が残ってしまいました。

当事務所の対応

当事務所では自賠責後遺障害診断書の記載について説明を行い、適正な診断書の取得を行い、後遺障害の等級申請(被害者請求)を行ったところ、右肩の痛み・鎖骨の疼痛について14級9号が認定されました。

相手方は、裁判所基準での支払いを拒むとともに、休業損害はほとんど認められないと主張し、過失割合も大きく争ってきました。
そのため、紛争処理センターに申立を行いました。
その結果、584万円の賠償を得ることができました。

 

結果

・被害者が相手から支払いを受けた金額
・最終段階で支払を受けた金額…5,844,592円
・相手方保険会社・自賠責から受けた額…5,394,188円

→合計11,238,789円の支払いを受けることができました。

関連記事

最近の記事

  1. 症状固定前からのサポートで腰椎圧迫骨折による錐体高の減少を立証し11級7号が認定。訴訟にて家事労働への影響を立証し、 約1350万円の賠償額を獲得した事例

  2. 腰部打撲挫傷、腰部神経根障害、頸部捻挫、頸椎部神経障害、胸郭出口症候群、背部打撲挫傷、右肩腱板損傷、右肩甲上神経障害、胸椎部椎間板ヘルニアで14級を獲得し、賠償額約285万円を獲得した事例

  3. 症状固定前に受任し、胸椎錐体骨骨折、顔面醜状痕、眼窩底骨折による下方視での複視、眼窩底骨折について丁寧に立証し、併合10級が認定され、976万円の賠償額を獲得した事例