骨折

右手首骨折14級(主婦)後遺障害非該当だったが、弁護士による異議申立が認められ、501万円の賠償金を獲得した事例

主な損害項目 相手方提示額 認められた額
治療費 231,822円
入院雑費 28,500円
通院交通費 38,640円
文書料 10,800円
休業損害 1,752,005円
傷害慰謝料 1,718,333円
逸失利益 632,994円
後遺障害慰謝料 1,100,000円
損害額合計 5,513,094円
既払い除く支払額 3,563,634円

事故・怪我の状況

被害者がゴミ出しをしようと家の向かい側にあるごみステーションに行こうとした。
その時に、自動車が目の前を横切った。
自動車が通り過ぎたので道路を渡ろうとしたところ突然、自動車がバックしてきて被害者が自動車に轢かれた事例。

被害者は右手首を骨折し、1年間通院した後に、後遺障害の申請(事前認定)をしましたが非該当の認定でした。
被害者は、後遺障害が認められないのは納得できないと考え、当事務所に依頼しました。

当事務所の対応

当事務所では後遺障害診断書・医療記録を取り寄せ、精査いたしました。
精査したところ、骨折について癒合は良好であったものの、自覚症状について、痛みの記載がないことが判明いたしました。

そこで、主治医に自覚症状欄に動作時の痛みを追記してもらいました。
当該後遺障害診断書を新証拠として、異議申し立てをしたところ、「局部に神経症状を残すもの」として14級9号が認定されました。

相手方保険会社は、過失と主婦休損を争い、裁判所基準での支払いを拒んできたので、紛争処理センターに申立を行い、過失・主婦休損の立証を行ったことにより、当方の主張がすべて認められ、約501万円の損害賠償を受けることができました。

結果

・被害者が相手から支払いを受けた金額
・最終段階で支払を受けた金額…3,563,634円
・相手方保険会社・自賠責から受けた額…1,452,006円

→合計5,015,640円の支払いを受けることができました。

関連記事

最近の記事

  1. 症状固定前に受任し、胸椎錐体骨骨折、顔面醜状痕、眼窩底骨折による下方視での複視、眼窩底骨折について丁寧に立証し、併合10級が認定され、976万円の賠償額を獲得した事例

  2. 症状固定前に受任し、脊椎の骨折について丁寧に立証し、6級5号が認定され、1365万円の賠償額を獲得した事例

  3. 受傷直後から受任し後遺障害の申請を行い、「頸部捻挫、右側頭部打撲」「腰部捻挫及び背部捻挫」「右第1趾末節骨基部骨折」にそれぞれ14級の後遺症が認められた事案